Homeスポンサー広告死神と少女>死神と少女 やっと日生クリアできたよ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sun2011.07.31

死神と少女 やっと日生クリアできたよ

こいつのイメージこんなんしか出てこない\(^o^)/

ひなせんぱい


`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!

なにこの展開おいおいおいおい!これ全年齢乙女ゲーっすよね!
予想外の展開に目玉がポーン!(  Д )   ゚ ゚

やっと日生ルートに突入したものの、日生ルート内ですらBAD無双でわし涙目。
ひたすらBADを繰り返してタイトル画面に戻されるのが日常になりかげてたところで、思い切って一章からやりなおしてなんとかクリアまで漕ぎ着けました( ;∀;)
何度もタイトルに戻されたまま諦めるとか悔しいから意地っすよ(`皿´)ギリギリ

以下、折りたたみの中に完全ネタばれ感想です。
 
 
まぁ感想といっても、日生はあんまわしの好みではなかったのであんま感想がない。

久々に家に戻ったら、自分にそっくりな人間が自分になって生活をしていた。
これはホラーですよね。
せっかく楽しそうな事件だったのに、まさかのそっくりさんオチ…('A`)

千代がいたり、蒼がいたり、兄みたいな謎な人がいたり、桐島みたいな見える人がいたり。
この街ではなにがあってもおかしくないのかもしれない、そう思わせるだけの材料はいくらでもあっただろうに、なんでこのオチにしたの。
まぁ、こんな街だからこそ、うりふたつな人間がいたっていいじゃないってのはわかるんだけど、それにしてもこれは三流以下のネタでびっくりしたわ、まじで。

でも一章の頃から本物と偽者が入り混じっていたトラップは面白かったです。
花屋で見かけた日生と、父親と会ったときに喫茶店で会った日生は本物。
それ以外は全て偽者の日生。
日生は嘘つきだ、と主人公に接触してきた日生は偽者、臥待堂で会っていた日生も全部偽者っすな。

本物が接触してきてから、偽者は服装を本物と同じシンプルな黒シャツに切り替えてきたり、なかなか用意周到だったくせに、偽者発言は偽者がしていたという矛盾。
日生の物語りの面白さはここらへんにあるのだと思います。

本来ならそのまま消えることだってできたはずなのに、わざわざ日生に偽者がいると自ら忠告をする。
日生光ではなく、名前もない詐欺師が紗夜に恋をしていたことを、最後に知って欲しかったんだろうな、と思ってます。
だから個人的にですが、日生ルートにはいってないノーマルの四章のほうがドラマチックでいい。
ルートはいってからのトゥルーED以外のあの流れはヤリ捨てってやつですよね(^q^)
ルートはいってないプラトニックなときのほうが、よほど乙女ゲーだったという…w
 
関連記事
スポンサーサイト

Theme:乙女ゲー - Genre:ゲーム

COMMENT

ヨーコサーン、コンニチワン子!日生編プレイしてきたよーーーぅ(´・ω・`)
>>日生ルート内ですらBAD無双
これ拙宅では特になかったんすけれども、好感度によるものなのかなぁ‥??よく分からないのですが、兎に角お疲れ様でした!

ホント‥トゥルーED以外はヤリ逃げですよね.4章で盛り上がっていたので凹んでしまいますた.(大目に見たら、本物が紗夜を婚約者にするんだし、その腹いせに先に手をつけとこ‥みたい・・な・・全く大目に見れない!!ホント酷い男であります.全部幻想の世界なんですよーと言うには生々しいですよね.

そして本物⇔偽者入れ替わり‥うわーん、そうか、そうなのか・・・もう何が何だか私はパニくり中です.もう正誤判断するのも面倒なので、とっとと5章に進みますッ(´;ω;`)もう、4章の日生が正しい日生として日生ルートの日生は見なかったことにしますーヽ(`Д´)ノウワーン.

+Re: タイトルなし

日生クリアおめでとーございまっす!
トゥルーEDも正直これハッピーED?ほんとにハッピーなの?と思わなくもないですが、ふたりは幸せそうだしまぁいっかー、みたいなw
いつか消えなくてはならない身でなぜ告白したのかってあたりを考えると、日生の物語はちょっと深いですね。
でもやっぱ日生ルートよりも、四章の消えてしまう日生の方が誠実だったような気がします。
コンプまできてちょっと日生の印象が変わりましたが、わしの中でも日生ルートの日生はなかったことになってますw
本物と偽者の入れ替わり劇、わしは最初、日生(偽)も千代のような不思議な存在なんだと思っていました。が、大ハズレ!
日生に関しては予想と推測を裏切られまくり。いやはや、さすが天性の詐欺師…w
個人的にですが、五章はこの死神と少女の中で一番好きなお話だったりします。
やしろさんが楽しめますようにw

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://yokosk.blog50.fc2.com/tb.php/67-5bcd42dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。