Homeスポンサー広告アトリエシリーズ>メルルのアトリエ 最終プレイ感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Wed2011.07.27

メルルのアトリエ 最終プレイ感想

メルル3周目はじめました、のまま放置してたので、きちんと〆ておこうかと。

1周目プレイのとき「ジオさまを仲間にできなかった」と書きましたが、どうやら制限かかってたようで、ジオさまの仲間入りは2周目からのようです。

武器、防具、アクセサリ、どれも最強クラスを全員分そろえてはじめた3周目でしたが、持ち越し用に調合がんばっちゃうのも考え物ということがよくわかりましたw
最強クラスの敵と思われる最終乙女とマスク・ド・Gにも簡単に勝利してしもたです(´・ω・`)
せめて勇者の銅像を立てずにレベルを50制限にしておかないと、ヌルゲーすぎて逆にしんどくなります。
一撃で倒せるから、雑魚戦なんてひたすらめんどくさいだけだったし。
もともと作業ゲーなアトリエですが、こういったもろもろの事情でもっと作業ゲーになってしまって、かえって飽きてしまったという(´∀`;)
わがままなプレイヤーですまぬ…すまぬ……。

以下、EDについての大雑把なネタバレ感想なので折りたたみの中にしまっておきます。
 
 
メルルやりたさに半月でロロナ⇒トトリと駆け足プレイしたので、キャラへの思い入れはずっと楽しみにまってたファンほどではないです。

…がっ!
だとしても全体的に面白いゲームであっただけに、EDに関してはちょっと微妙にいろいろ不満あり。

まずキャラED仕様でなくなっていたことが残念。
まぁ、これはわしがキャラ厨だからかもしれませんがw
でもできれば、ケイナEDとかライアスくんEDとか執事EDとか見たかったなー。
前にも書きましたが、旧キャラが出張りすぎてて新キャラの影が薄いです。
中途にたくさん用意されてるイベントも9割は見ましたが、それでも新キャラが薄いと感じました。
これはガスト側の旧キャラへの思い入れからくるものだとは思うけど、なんだかもったいない。

EDの種類は豊富だったし、農業EDとかてんやわんやED、あとまさかのおとこぶろEDなんかは楽しかったですが、魔女EDとかロロナ14歳ED、人気者EDは正直ちょっと…(´ε`;)
っていうか、だいたいアストリッドが係ってるEDがあかんのか。
ガスト的にはアストリッドは昔からこういうやつだと、どこかのインタビュー記事で回答していたけど、プレイヤー的には、少なくともわしは「アストリッドはこういう酷いやつである」という印象がなかっただけに、余計に胸糞悪い印象が強いのかもしれません。
長くアーランドシリーズを遊んできた人たちにとって師匠が「こういう人物」であったことに違和感とかなかったのかなぁ。

錬金調合は楽しかったし、国を大きくしていくのも楽しかったし、合間におこるキャラたちのイベントも楽しかった。
戦闘も武具の錬金調合をがんばりすぎなければ、ほどよい難易度で楽しかった。
だからこそ、ユーザー置いてけぼりにして趣味に走りすぎた感がとても残念。

あとロリナを8歳くらいと作中言っていたけど、いやいや、8歳はあんなに幼くないよ?
外見は8歳くらいかもしれないけど、精神年齢は4~5歳くらいだと思う。
ガストには既婚者はいないのだろうか。
すごくどうでもいいことなんだろうけど、なんか無性に気になった(ノ∀`)
 
関連記事
スポンサーサイト

Theme:メルルのアトリエ~アーランドの錬金術士3~ - Genre:ゲーム

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://yokosk.blog50.fc2.com/tb.php/62-4fc3fb47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。