Homeスポンサー広告三国恋戦記>諸君、私は謀が好きだ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fri2011.07.22

諸君、私は謀が好きだ

謀略が好きだ 知略が好きだ 策略が好きだ 計略が好きだ
奸略が好きだ 戦術が好きだ 野心が好きだ 画策が好きだ
諜報戦が好きだ 情報戦が好きだ 駆け引きが好きだ

組織で 国家で 社会で 戦争で

この地上で行われる ありとあらゆるry


わしが恋戦記を好きな理由のひとつに「謀」が好き、というのがあります。
アラビアンズ・ロストが好きな理由もここにあると言っても過言ではない。
乙女ゲーの中であまり描かれない世界。
たまにこの手の内容をがんばって描いてる乙女ゲーもあるけど、とてもじゃないけど「謀」とは言えない残念なレベル。
キャラがやたらと恋愛脳なのも好きじゃない。
仕事は仕事、恋愛は恋愛、きっちり切り替えができるストーリーやキャラが好き。

アラロスにそういったものが描かれていたかというと、ほぼ描かれてはいないんだけど、こういうことをやってきたんだろうな、と妄想の入り込む余地がたくさんあったのでw
まぁこのあたりのことをガッツリ描いてしまうと大半の乙女ゲーユーザーの望んでいるものからかけ離れてしまうから、乙女ゲーでこの手の内容をしっかり扱う作品はおそらく今後も存在しないと思う。

そういう意味で恋戦記はとてもバランスの良い作品だった。
孟徳は花ちゃんを大事にしてたけど、政治とはきっちり分けていた。
好きな女になにか言われた程度では、孟徳の野心は止まらないし方針を変えることもない。
ひとつの意見として参考にはするだろうけどね。
わしはこういうとこに禿げ上がるほどに萌えるのですよ…はぁはぁはぁ。
悪い男、とはちょっと違うのです。野心のある頭の良い男に萌えるのです。
わかりやすいとこで言うと、銀河英雄伝説とか大好物っすよHAHAHAHAHA!

恋戦記熱が再燃してちょっとだけ二次創作をまわってみたけど、わしの求めているものが普通の乙女ゲーマーさんたちと違いすぎて、どうにもしっくりこない。
孟徳が花ちゃんに甘いのはいいけど、花ちゃんのために玄徳や仲謀と和解する、ということは絶対にない。目指しているものがなにもかも違うのだから、ノーマルルートのように王朝と帝への忠義忠誠のような覆せない大前提の建前、大義名分を逆手に取られない限り、三国の君主が手をとるなんてことはありえないのです。
恋戦記のキャラはこのあたりがブレてなくて素晴らしいと、つくづく思う。
ルートによってキャラちがくね?みたいな違和感がない。
とても丁寧につくられたシナリオとキャラクター。
史書、演義、関連書、三国志テーマの小説、おそらくこいったものを山のように読み漁って、丁寧に丁寧に肉付けされている。
乙女ゲー向きに削ぐとこはざっくり削いで、改変するとこは思いきって改変して、でもここぞというとこはしっかりピンポイントで描いてくる。
制作陣の三国志への愛が伝わってくる絶妙なバランスの力作だと思ってます。

十三支演義に対してあれやこれや言ってるけど、たぶんわしは買っちゃう。
だって三国志テーマの乙女ゲーなんて今後そう出るとも思えないし。
ケモミミとか劉備がショタとかオトメイトとか絵があまり好みでないとか散々言い放題してますが、一番の不安は「シナリオに三国志への愛があるか」です。
わかりやすい乙女要素や受けやすい萌えしかない、三国志のことをよく知りもない人が書いたシナリオが、わしにとっての一番の地雷だ。
だったら三国志なんてテーマにしないほうがいい。
普通に「中華ファンタジー的な乙女ゲー」にでもすればいいのよ。

以下、更に人を選ぶ内容の話なので折りたたみの中にしまっておく。
 
ブログをうろうろしてたら、ブログやめようかな、といった悩みの書かれた記事がありました。
読んでくれる人のことを考えると、本音のレビューが書けない、無難なことしか書けない、とのこと。
あー、まぁ気持ちはわかりますw
特に乙女ゲージャンルはその傾向が強いように感じます。女ばかりだからかねぇ。

昔まだサイト持ちだった頃、はまってた某乙女ゲー関連のことで日記に「作品は大好きだけど、でもこれはつまらなかった」とはっきり書いたことがありました。
そしたら代表者という人からメールがきて、あなたの書いた感想日記が非常に不愉快であり、その内容に作品が好きな自分たちは傷つけられた、日記内容の訂正と謝罪を希望する、といった内容でした。

こ、こええええええええええええ!!wwww

それでもつまらんものはつまらんので、内容の訂正はできない、と返信をしたら、そのあと同ジャンルのサイトさんたちから総スカンをくらった、という経験があったりします。
でも書くけどね。だってつまらんものはつまらんよ。
だた「なに言われてもいいように、あらかじめ予防線を張っておく」ということだけは学びましたw

オブラートに包んだところでどうにもならん。
そんなのは感性の違いでしかないのだし、そんなことでいちいち不愉快になったり噛み付くほうがどうかしてる。どんだけガラスのハートなのw
好きな作品だからといって、諸手挙げてマンセーしろとか、無理言うなって感じっすよ。
たとえばわしは恋戦記好きだけど、後から発売されたドラマCDはぶっちゃけどれもつまらんかった。
特典CDはどれも面白かったから期待しすぎてたのかもしれないけど、それにしてもシナリオがお粗末。
特に孟徳CDのシナリオは激しく不満です。たぶんもう二度と聞くことはない。
書き手も読み手も、ガラスのハートな人はブログとかやらない読まないが一番だと思うの。

あれ、またなんかよくわからん内容の記事になってしもた。
うーん、まあ、恋戦記カテにつっこんでおくか…。
 
関連記事
スポンサーサイト

Theme:乙女ゲー - Genre:ゲーム

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://yokosk.blog50.fc2.com/tb.php/52-f3fdcc80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。