Homeスポンサー広告アトリエシリーズ>メルルのアトリエ 1周目クリア感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tue2011.06.28

メルルのアトリエ 1周目クリア感想

メルルのアトリエ、とりあえず1周目クリアしました。
ボスは倒せないわ、スチルイベントはほとんど見れなかったわ、ジオさまは仲間に入らないわでボロボロな1周目でした(ノ∀`)
現在は武具を引き継いで2周目の3年目突入ってところです。
メルルでは所持金引き継げないうえに、量販店のシステム変更でがっつり金かかる仕様になったから、もうお金が足りなくて死にそうw
ほむちゃんが戻ってきたけど、制作したアイテムを完全コピーできるちむちゃんのが高性能だよね。
ちむちゃんカムバーック><

システム面は、トトリの微妙な不満点を見事に解消してる感じ。
なにがいいって、依頼の期限がなくなったこと。
おかげで出かける前に依頼受けて、あちこち時間かけて探索できるようになりました。
トトリのときはうろうろしすぎると依頼期限切れて酷い目にあったからなー。
その他もろもろ、細かい微調整もあって、かなり改善されてました。
やっぱロロナからはじめておいてよかった。
メルル⇒トトリはいけなくもないけど、メルル⇒ロロナはシステム的にぶち切れレベルw


メルルかわいいですはぁはぁ。
今までの錬金術師の中で、お姫様という立場なわりに一番の常識人だと思いました。
素直で裏表がない性格も好きだなー。
トトリの毒舌も好きだけどw

ケイナも可愛いし、執事とライアスくんも萌え。
ライアスくん不幸体質すぎるw
ふたりを贔屓しまくったせいか、早めに兄弟スチルを見れたことは満足。
キャラ同士の掛け合いも楽しくて、イベントが起こるたびに楽しみ。
全体的にとっても良作だと感じました。


以下、マイナス方面の感想と1周目のバレ含む感想です。
でもイベントほとんど見てないうえにボス倒せないままの終了だったから、たいしたバレはないですが、ロロナの幼児化の原因とその結果について語ってるのでご注意。


と、持ち上げたところで落としてみる。
もちろん不満点がないわけじゃないっすよ…。

システム面、よりによって「調合」という一番繰り返し作業する大事なところでやらかされた。
なんでトトリのときにあった特性検索なくしちゃったの…。
中性剤に「出来がいい」の特性を付けたいから1999個のアイテムから品質Lv1と品質Lv2、または「出来がいい」を探す、それだけのはずの作業がもうね(♯^ω^)ピキピキ
特性の組み合わせをひたすら繰り返してアイテムを強くしていくのがアトリエの調合なのに、特性探すのに1個ずつ確認していくとかまじクソ仕様勘弁してくれ。
高コストのアイテム作るとき特性探しの繰りに時間食いすぎてリアルに1~2時間くらいかかった。
こまい作業が嫌いな人は(そもそもそういう人はアトリエに向かないがw)このソートのクソさで絶対に投げ出すと思う。
これだけは本気でパッチ出して修正してほしいわ。


で、キャラとかイベント関係。
ロロナはともかく、トトリをプレイしていないとキャラ同士の繋がりがわかりにくいと思う。
アーランドシリーズのファンは十二分に楽しめると思うけど、メルルから入った人はこのキャラの掛け合いをどこまで楽しめるのか。
新キャラネタよりも過去キャラネタが多すぎる気がしました。

あとジーノの声はなんとかならんかったとですか。
19歳なのに声は13歳のときの少年声のままだから違和感がありすぎる。

そしてステルクさん。
ロロナのときは騎士に憧れた真面目な騎士だったステルクさんだったけど、トトリ⇒メルルときて、ついに痛いだけの人になってしまったような…。
執事とハトの色で喧嘩になるくらいは微笑ましかったけど、それ以降があかん。
メルルの教育方法にまで口を出して執事と喧嘩。
あげく、騎士団を作ると勝手に息巻いて、執事室を騎士団本部にするから自分に譲れと言い寄る始末。
いくらなんでも他の国のことに口出しすぎやステルクさん。
国王や執事の了解もないまま騎士団員募集しだしたり、あんたなにしてんの。
「こじらせてる」どころの話じゃない。
ネタキャラにしても、ここまでやられるとちょっと微妙。

そしてアストリッド、こいつが一番不愉快だった。
ロロナの幼児化はアストリッドが「三十路のロロナなど見たくない」という一方的な理由で飲ませた若返りの薬がちょっと失敗した結果。
本来は若返るだけで記憶は持ち越しのはずらしいが、ロロナの場合は過去の人間関係の記憶は微かにあるようだけど、完全な幼児返り。
なにが不愉快って、他人の人生を自分の趣向のために台無しにしたこと。
8歳だと若返りすぎなうえに遊んで絵本読んでと手に負えない、ここまで若いと自分の趣味ではない、なんて理由で世話をトトリとメルルに押し付けるとかまじ鬼畜。

そして「計画通り(若返りの薬を成功させるのが条件)」ってEDでは、アストリッドの薬で8歳くらいから14歳に成長。
が、記憶の引継ぎはなく完全に14歳に戻ってしまったようで、トトリにも「はじめまして」ときた。
おいおい、これは洒落にならんレベルでやらかしおったな師匠…。
他にも薬の効果をメルルで人体実験しようとしたり、自分の都合で我が物顔で他人の人生を踏み荒らす傍若無人っぷり。
薬のことだけでなくても、イベントで出てくるたびにイラッ☆とくるレベル。

ロロナのアトリエのときは、アストリッドの師匠問題で国との確執から「捻くれた天才」って印象で、なんだかんだ言いつつ弟子のために暗躍してる、ちゃんと師匠してる人だった。
トトリのトゥルーEDでは瀕死のギゼラを助けてたり(メルルではこれが正式な歴史)今まではむしろ好印象なくらいだったのに、なんでこの人こうなっちゃったのかね。

三十路のロロナを見たくないっていうのはガストのアトリエスタッフの総意らしいけど、それを実現させるために利用された、と考えればアストリッドも被害者なわけだが。


以下、カプ要素について。
なんていうか、ロロナとトトリのときに匂わせていたカップリング要素を全て白紙にした感じ。
三十路のロロナを見たくない、ってのもスタッフ的にはそうだったんだろうけど、このカプ設定をなかったことにしたいってのもスタッフの総意なきがしてならない。
ロロナの幼児化もその一環なんじゃないのかな。
ステルクさんは姫と騎士って設定でハッスルしてロロナとの絡みはさっぱりだし、トトリとのジーノも1周目の時点ではほとんどイベントなし。
まぁアトリエはそういうゲームではないから、カプ設定つぶされたところでいいんだけどね。


2周目3年目にはいって、なんとか最強レベルの防具を作成。
武器は1周目のときに虹と上位ダメ還元とスキル威力もろもろを付属させたそこそこのがあるから後回し。
今日あたり、アクセの最強レベルの合成をがんばるぞ(`・ω・´)
 
関連記事
スポンサーサイト

Theme:メルルのアトリエ~アーランドの錬金術士3~ - Genre:ゲーム

Tag:アトリエシリーズ

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://yokosk.blog50.fc2.com/tb.php/38-11065c5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。