Homeスポンサー広告カテ分けしにくい雑記>好きしか語れない世の中なんて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Thu2012.03.29

好きしか語れない世の中なんて

果てしなくチラシの裏なので折りたたみの中にしまいます。
人によっては不愉快な内容かもしれんです。
 
 
好きと同じくらい嫌いって意見があったっていいと思うのに、なんで乙女ゲー界隈は「嫌い」を排除しようとする傾向にあるのか、今のわしには理解できない。

以前、好きな作品の否定意見を書いて同ジャンルのサイトから総スカンをくらったことをブログに書いたことがあったけど、こないだの拍手の人といい、乙女ゲー界隈はどうしてこうも「好きじゃない」に対して敏感なんだろうか。
好きじゃないに敏感というより、自分の好きなものに対しての否定意見が気に食わないってことなんかね?
乙女ゲー界隈以外だと否定意見も意見のうち、みたいな感じでいちいち好き嫌いでもめたりすることってあんまないんだけど。

これは好きだけどこっちは好きじゃない、みたいな感覚は誰にだってあると思うんだけど、人目を気にしてるというか配慮なんだろうけど、好きしか語らない、それってわしは怖いと思うんだけどなー。
「好きじゃないと書くくらいなら見なきゃいい、やらなきゃいいのに」ってのもなんか違うと思う。
否定意見を見たくないって人は否定意見を「自分とは感性の違う人」としてスルーすればいいだけなのに、好き以外の意見を排除しようとするのはなんでじゃろ?
わからん…ほんとわからん……。

わしは否定意見を読むのは好きです。
それが自分の好きな作品の否定意見でも好きです。
自分の好きな作品の否定意見って面白いとおもいませんか?
あ、わし少数派ですかw
なんつーか、自分が絶賛した作品とか演出にダメだしする人がいたりすると、自分との感性の違いとか、自分にないものとか、別の角度からの意見とか、それってとにかく面白い。少なくともわしは。
あ、でも自分がそうだからみんなもそう!だなんて思ってないですよ。
そりゃ好きなものの嫌いはいちいち見たくないってのもわかるし、好きなことだけ話していたいってほうが健全だとは思います。
どう言えばいいんだろうな。通販で買い物するとき評価の高いレビューと低いレビュー両方読んで吟味したりするあれみたいなもんですよ。
全て☆5評価の買い物に対してこれなら安心!と感じるか、ちょっと怖いなーと感じるか、みたいな…。

まぁ、「嫌って書くくらいなら見なきゃいいのに」に対して、けっきょくスルーできずに絡んでしまったわしも同じ穴のなんとやらなんだけど。
いつもならスルーするのに、相手を困らせるとわかっていてなんで絡んでしもたのか…。
「嫌って言うな」と言ったからには、「嫌って言ってもいいじゃん」と人に言われたって仕方がない…と思っている。
意見や感想に対して賛否問わず意見感想をもらうぶんにはいいけど、最初から否定するな、は別物だよね。

なんかもやもや…。
でもきっとわしに絡まれた人ももやもやだね。
スルーできなくてごめんなさい(ノ∀`)
 
関連記事
スポンサーサイト

Theme:乙女ゲー - Genre:ゲーム

COMMENT

(*´∀`)ハジメマシテ☆★
今回の記事読ませていただきましたが、自分もヨーコさんと似ていて
否定記事みるのめっちゃ好きだし、自身も否定記事思いっきり書いてます!!ほとんどそうかも・・・。
世の中いろんな人がいて色んな考えがあって。それを否定する権利は誰にもありませんよね+.゚(*´∀`)b゚+.゚
否定意見なくして成長はありえないと思います!
それを糧に次はいい作品を!と思ってくれたら・・・という
願いもありますからね!
ヨーコさんは全然少数派ではないと思いますよ!!
初めてでいきなり語ってごめんなさい!!これからも
自由なブログ楽しみにしてますよ!

はじめまして、初書き込みさせて頂きます_(._.)_
否定意見~ですが、乙女ゲーに関しては市場の狭さが一因なのかな?と思います。
レビューなどでの否定意見は、作品のマイナス点を把握してから購入したい(許容出来るマイナスなのか知りたい)、個人的地雷は回避したいという点で参考になりますし、有難いです。好きな作品の否定意見でも「なるほどなー」「わかるわかるww」となりますし。
ただ、乙女ゲーは選べるほど作品が潤沢でないというか……メーカーさんもある程度絞られてきて、「あるだけマシ」「そんなに文句言ってらんないよね」という空気になっているのではないかなーと。
それでもユーザーの雰囲気が他ジャンルとかなり違うのは不思議ですけどね。0か10の二つだけで間が無いというか。柔軟なタイプも居るには居るんですが。

乱文失礼しました!また覗かせて貰います( ´∀`)

+Re: タイトルなし

>よこのゆんさん
おお、同士よ…!オブラートに包んだ感想も必要かもしれないけど、「正直な感想」も大事ですよね!←物は言い様
けっきょくは否定意見のとらえ方ってことなんでしょうね。制作側からしたら否定意見は次の成長への糧になるんだろうけど、その作品が好きなプレイヤーからしたら次の糧にはならないだろうけどw
みんながみんな本音を包み隠して感想書いてもつまらんと思うので、やっぱ多少は本音感想があってもいいですよね!
世間的に人気がある作品に対して、つまらんかった、と書くのはけっこう勇気がいると思うのです。
自分の好みが世間とズレている、という事実を認めるのもある意味怖い(ノ∀`)
否定意見を書く側も、それなりの覚悟が必要ですよねw

+Re: タイトルなし

>行合さん
わしも否定意見を参考にして購入したいタイプなので、まったく同意見ですたい!
人にとっては地雷でも、自分にとっては萌えなことってあるじゃないですか。その逆もまたしかり。
即買いに至らないようなゲームは、きっちり調べ倒して覚悟の上で購入したいものです(`・ω・´)
わしにとっては、うたプリがまさにこれでしたね。賛否きっちりネタバレ気にせず感想読みまくって購入。ダメなとこも把握したうえで購入したおかげで、特にガッカリすることもなく楽しめましたw
昔よりは選べるくらいに乙女ゲー発売されてると思うんだけど、一般ゲームのことを考えるとやはり市場はものすごく狭いですよね。購入層があまり代わり映えしない、というのが問題な気がします。乙女ゲーマーの中には一般ゲームをまったくプレイしないで乙女ゲーしかゲームはやらない、という層もいるようですし。
好きなものに一直線な、コアなファンが多いのかな?
0か10の二つだけで間が無い、ってのも、乙女ゲーマーがコアゆえなのかもしれませんねー。

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://yokosk.blog50.fc2.com/tb.php/160-8fdb8cb3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。