Homeスポンサー広告S.Y.K ~新説西遊記~>S.Y.K ~新説西遊記~ 1時間で挫折

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sat2012.01.28

S.Y.K ~新説西遊記~ 1時間で挫折

この記事の感想は撤回しますみません。
理由はこちらの記事で(土下座


今度は60分がんばった。
ストラバのときよりも20分もがんばった。

さんざんツイッターでも愚痴りましたが、ぶっちゃけつまらんかったです。
プレイ開始10分でまずバッドEND。
拾った手紙の落とし主探すなら都だろ、と都に向かったら終わった\(^o^)/
そして寝落ち1回。アニメ視聴に逃避1回。最終的に秘奥義強制スキップを発動したものの、限界を感じたのでプレイ終了です。

感覚的に、全12話のアニメのうち6話から見だしてしまったような感じ。
既に旅の一行は天竺を目指していて、お互いみんな気心が知れていて、たくさんのトラブルを乗り越えそれなりに絆を築いている状態からはじまった。
なんだろなこれ。二次創作みたいだった。SSってやつですね。
西遊記っていうお話の中の一部を切り取って萌えシーンを書いてみた、そんな感じ。
会話もギャグもつまらなかった。全体的にギャグっぽいのにそこがつまらんのは致命的。
いやまぁこれは好みの問題だから楽しい人もいっぱいいるんだろうけど。

敵方のキャラである紅孩児とも過去に何度も会いまみえて戦ったことがあるようで、過去の話をぺらぺらと話はじめる。
なんつーか、ストラバのときもそうだったんだけどさー、プレイヤー置いてけぼりキャラたちしか知らないことをワイワイやるのは最近の流行なんでしょうか。まじしんどいんですけど。ほんとこういうのはキャラに愛着でたあたりでやってくれと。
旅の一行についてもなんの説明もなく、天竺目指している理由も大雑把。
悟空は仙人っぽいような説明がでてたけど、玉龍と八戒と悟浄の説明はこれといってなかった。
原作だと八戒と悟浄は元仙人で、人間食べたり悪さして妖怪になってしまったわけだけど、このSYKではいったいなんだったのか。
玉龍はその名前のとおり龍で普段は玄奘が乗ってる馬に化けてるわけだけど、SYKでは普通に歩いて旅してたね。こいつらなに?なんで玄奘と旅してんの?
玄奘の性格がイラっとくるのは原作と同じだから気にならなかった。

そりゃ西遊記は有名なお話です。小説読んだことがない人でもだいたいのあらすじは知ってるような作品です。
教えてもらった話によると、最初をきちんとやらないのは演出の都合によるものらしいけど、それでもさすがに西遊記っていうテーマに甘えすぎじゃないですかねこれは。
途中戦闘描写もあったけど、なにがおこってるのかまったくわからん。雰囲気戦闘ですらなかった。

適当にプレイしてると誰のEDにもたどり着けそうになかったので、とりあえず誰からいくか考えてみた。
西遊記ならやっぱ悟空かな、メインっぽいキャラだし。
と、ツイッターでつぶやいてみてまじよかった。
悟空って他の3人クリアしてからでないとEDみれない隠し扱いのキャラなのね\(^o^)/
遙か4のときの風早の悪夢再びになるとこだった。
まぁ結果的にひとりのEDにもたどり着けなかったんだけど。
つーか3人クリアとかまじ無理。
でもひとりくらいはクリアしたかったので、女関係以外はわりと常識人らしい八戒に突撃。
で、次の章にうつって八戒ルート開いたー、とか思ったら

「天竺を目指す旅を終え 八戒の故郷である乾陀羅で 彼とともに生きることになった玄奘」

え?もう天竺への旅終わったの?いつ八戒とそんな関係に?
なんだこれwwww まったく旅も恋もしてないのにいきなりこんな内容なのwwww
しかも実は八戒は皇子でしたとか言われて、王宮生活がはじまって、どのあたりが新説西遊記なのかまじ意味わかんね。
このあたりで限界がきたので、そっとPSPの電源を落とした…。

世の乙女たちはこれを楽しんで萌えいるんだよね?
こないだのラバストといい、人気ある作品にこうも即挫折するとは…。
乙女たちの心が菩薩のごとく広いのか、わしの心が圧倒的に狭いのか。それともわしの中の乙女が既に枯れ果てているからなのか。

あと借りてるのは絶対迷宮グリムとデスコネです。
いくら借り物とはいえ、そろそろクリアしたい。
 
関連記事
スポンサーサイト

Theme:乙女ゲー - Genre:ゲーム

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://yokosk.blog50.fc2.com/tb.php/143-0a9ddec5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。